KATE

サイト更新情報

2019/08/15
研究大会コンテンツに忘れ物のお知らせを掲載。NEW
2019/07/23
大会参加申込と懇親会の事前受付は締め切りました。多数のお申し込み、誠にありがとうございました。
2019/07/18
学会誌投稿規定を更新。奮ってご応募下さい。
2019/06/29
神奈川研究大会の詳細プログラムをプログラムに更新。発表者の皆様への注意事項も掲載されています。
2019/06/17
発表申込は締め切りました。多数のご応募、誠にありがとうございました。
2019/06/01
神奈川研究大会の発表申込の受付を発表申込にて開始(~6/16 *締切が延長されました)。
2019/04/24
発表申込に、神奈川研究大会の発表要綱テンプレートファイルとスタイルシートファイルを掲載。
2019/04/12
神奈川研究大会の参加申込の受付を参加申込にて開始(~7/22)。
2018/12/26
第3回英語教育セミナー・春季研修会のご参加申込受付を開始致しました。以下の研修会詳細をご覧の上、SUB MENU 内の春季研修会のページよりお申し込み下さい(~3/11)。事前申し込みをされない場合でも、当日のご参加は可能です。
2017/03/01
ホームページリニューアル

イベント最新情報

どなたでもご参加頂けますので、お知り合いの方や同僚の方をお誘いあわせの上、お気軽にご参加下さい。

11月 月例研究会(2019年度)

日時:2019年11月30日(土)16:00~18:00
場所:文教大学付属中学高等学校
講師:大友 美奈先生(玉川大学チューター・品川区JTE)
タイトル:「必修化を前にした小学校英語の現状」
内容要旨:来年度からの小学校での英語必修化を前に、2019年現在多くの自治体ですでに英語は小学校の時間割の中に組み込まれています。文科省作成教材Let’s Try!やWe Can!が勤務校で現在どのように使用されているかという例の提示とともに、2006年から小学校「英語科」として独自の取り組みを続けてきた品川区の現状とその大きな特徴の1つであるティームティーチングの実際と課題についてもお話させていただきたいと思います。
参加費:無料 申込:不要

第43回神奈川研究大会

第43回神奈川研究大会は、2日間計300名を超える参加者で、盛会のうちに終了いたしました。ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。また、2日目の午後に、会場施設内の機器の不具合により、プログラムの時間帯を一部変更させていただきましたことをお詫び申し上げます。2020年度の研究大会は、群馬県内で開催いたします。詳細が決まりましたら、本ウェブサイトでお知らせいたします。

全国英語教育学会 第45回弘前研究大会

期日:2019年8月17日(土)・18日(日)
場所:弘前大学 文京町キャンパス 詳細はこちら

発表応募:4月26日(金)受付開始予定、5月24日(金)応募締切(*延長されました)
参加申込:5月中旬受付開始予定、7月5日(金)申込締切

詳細は大会ウェブサイトをご覧下さい。

第3回英語教育セミナー・春季研修会(2018年度)

PDF版のご案内
ご参加のお申込みは、SUB MENU 内の春季研修会のページから行って頂けます(申込締切:2019年3月11日(月))。事前申し込みをされない場合でも、当日のご参加は可能です。

■日時: 2019年3月21日(木・祝)9:50~17:00(受付 9:30~9:50)
■場所: 明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区白金台1-2-37)1255教室
■主催: 全国英語教育学会・小学校英語教育学会・関東甲信越英語教育学会
■テーマ:「新学習指導要領の趣旨をいかすために」

■開会式 会長挨拶 9:50~10:00
■発表者・講演講師
1. 講演 講師:投野由紀夫先生(東京外国語大学大学院 教授)10:00~11:30(90分)
「新学習指導要領をよりよく理解するための CEFR の基礎知識」
新学習指導要領の改訂ポイントを理解するためには、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に対して背景知識があると納得がいくことが多いです。この講演では、CEFRの私なりの基本的な概念の説明と、改訂指導要領に特に影響を与えている部分を指導要領のキーワードとCEFRの能力記述の関係を具体的に検証することで明らかにしたいと思います。そのうえで、小中高の連携でのポイントや、どの程度の英語力をつければいいのかに対する全体像を把握することの重要性を指摘したいと思います。

*関東甲信越英語教育学会 総会 11:35-11:55
*昼食・休憩 12:00~13:00

2. 授業実践報告(小学校)発表者:物井尚子先生(千葉大学教育学部 准教授)13:00~14:10(70分)
「子どもたちの気づきを大切にした英語指導を考える」
2020年の『小学校学習指導要領』の全面実施まで、あと1年を残すのみとなりました。小学3~6年生までの4年間に、何をどのように指導できるのかについて、千葉大学教育学部附属小学校での実践報告をいたします。「ことばの習得プロセスを踏まえた指導」「自分で考え、思いを表現する場の設定」「発達段階・学びの特性を考慮した活動づくり」をキーワードに、フロアの先生方と情報の共有、意見交換ができたらと考えております。

3. 授業実践報告(中学校)発表者:高島健治先生(浦安市立浦安中学校 教諭)14:20~15:30(70分)
「思考力を働かせる学習サイクルの構築―定型表現で終わらない[やり取り]の力を育成するために―」
新学習指導要領で新設された「話すこと[やり取り]」の領域は、即興性というキーワードと共に指導の在り方が注目されています。定型表現や単語の羅列だけで行うやり取りから脱却し、本当に言いたいことを文の形で表現する力を育成するにはどうすればよいのでしょうか。また、やり取りの活動を通して生徒に文法の有用性を感じさせるにはどうすればよいのでしょうか。こうした疑問に対する答えとして、振り返りを大事にした学習サイクルを作成し、その効果を検証しました。

4. 授業実践報告(高等学校)発表者:津久井貴之先生(お茶の水女子大学附属高等学校 教諭) 15:40~16:50(70分)
「英語授業改善に向けた取組-教師と生徒のやり取りと家庭学習の在り方に視点を当てて-」
新学習指導要領に向けた取組や工夫が求められる今だからこそ、英語の授業や学習に関する本質的な指導や支援を見直したいと考えています。生徒同士の「やり取り」の前に、教師と生徒の「やり取り」を意味あるものにするにはどうしたらよいか。「主体的・自律的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度」を生徒たちが身に付けていくにはどうしたらよいか。日々授業で感じているこれらの課題に対する実践や試行錯誤を紹介させていただきます。

■閉会式 16:50~17:00

■懇親会 17:00~19:00(明治学院大学本館10階大会議室にて)

■参加費:会員―無料  非会員―2,000円  学部生・大学院生(非会員)―500円
■問合せ先:nakashima.yoshikazuアットocha.ac.jp(関東甲信越英語教育学会 研修企画委員会 委員長 中島義和(お茶の水女子大学附属中学校)) *アットを@に置き換えてお送り下さい。

研究推進委員会 座談会(2018年度)

テーマ:文法知識の習得について考える
講師:酒井英樹先生(信州大学 教授)
日時:2019年3月9日(土)15:00-17:30
場所:日本大学経済学部7号館 7055教室(最寄駅:JR総武・中央線/都営三田線 水道橋駅、都営新宿線/都営三田線/東京メトロ半蔵門線 神保町駅、東京メトロ丸ノ内線/南北線 後楽園駅)
参加費:無料 申し込み:不要
問合せ先:yasukoiアットkanda.kuis.ac.jp*アットを@に置き換えてお送り下さい。

研究推進委員会 第16回読書会(2018年度)

日時:2018年12月2日(日)10:00~12:00
場所:筑波大学附属高等学校(最寄駅:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅、東京メトロ有楽町線 護国寺駅)
課題図書:『はじめてでもすぐ実践できる!中学・高校英語スピーキング指導』上山 晋平著、学陽書房

課題図書を事前に読んでいない方にも参加していただけます。当日は、コーディネーターが課題図書に書かれているポイントを説明した後、本で紹介されている実践例などを参加者の皆さんと実際に試してみたりしながら、中高の学校教育現場で行われるスピーキング指導について一緒に考えていきます。どなたでもご参加いただけますので、皆様お誘いあわせの上、どうぞお気軽にご参加ください。

参加費:無料 申し込み:不要
問合せ先: yasukoiアットkanda.kuis.ac.jp*アットを@に置き換えてお送り下さい。

↑ PAGE TOP