KATE

サイト更新情報

2020/4/8
5月9日開催予定の座談会は中止となりました。NEW
2020/2/24
3月8日開催予定の座談会、3月20日開催予定の春季研修会は中止となりました。
2020/2/1
春季研修会のご参加申込・ポスター発表応募申込受付を開始致しました。以下の研修会詳細をご覧の上、SUB MENU 内の春季研修会のページよりお申し込み下さい(~3/10)。事前申し込みをされない場合でも、当日のご参加は可能です。
2019/08/15
研究大会コンテンツに忘れ物のお知らせを掲載。
2019/07/23
大会参加申込と懇親会の事前受付は締め切りました。多数のお申し込み、誠にありがとうございました。
2019/07/18
学会誌投稿規定を更新。奮ってご応募下さい。
2019/06/29
神奈川研究大会の詳細プログラムをプログラムに更新。発表者の皆様への注意事項も掲載されています。
2019/06/17
発表申込は締め切りました。多数のご応募、誠にありがとうございました。
2019/06/01
神奈川研究大会の発表申込の受付を発表申込にて開始(~6/16 *締切が延長されました)。
2019/04/24
発表申込に、神奈川研究大会の発表要綱テンプレートファイルとスタイルシートファイルを掲載。
2019/04/12
神奈川研究大会の参加申込の受付を参加申込にて開始(~7/22)。
2017/03/01
ホームページリニューアル

新型コロナウイルス感染症に関する本学会の対応について

関東甲信越英語教育学会(KATE)
会員の皆様

関東甲信越英語教育学会(KATE)では、コロナウイルス感染症の現状を踏まえ、感染拡大の防止と会員・参加者の皆様の健康を守る観点から、3月8日(日)開催予定の座談会を中止とさせていただきました。今後の感染拡大の状況によっては、イベント等の開催を中止させていただく場合があります。中止の場合は、随時本学会ホームページに掲載いたします。ご参加の前に必ず、KATEホームページにて開催の有無をご確認ください。

参加者皆様へのお願い
・発熱などの症状がある方は、参加をご遠慮ください。
・感染予防にお一人お一人のご協力をお願い致します。
・スタッフがマスク等を着用している場合があります。ご理解のほどよろしくお願い致します。

関東甲信越英語教育学会(KATE)
会長 斉田 智里

イベント最新情報

どなたでもご参加頂けますので、お知り合いの方や同僚の方をお誘いあわせの上、お気軽にご参加下さい。

5月 月例研究会(2020年度)*中止

COVID-19感染症が拡大している現状を踏まえ,2020年度5月例会(土)の開催を中止する判断に至りました。講師やご参加予定の皆様には,大変ご迷惑をおかけすることになり,申し訳ございません。何卒,ご理解,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

第44回群馬研究大会

開催日:2020年12月13日(日)
場所:群馬大学 荒牧キャンパス

主催:関東甲信越英語教育学会

研究推進委員会 座談会(2018年度)

テーマ:文法知識の習得について考える
講師:酒井英樹先生(信州大学 教授)
日時:2019年3月9日(土)15:00-17:30
場所:日本大学経済学部7号館 7055教室(最寄駅:JR総武・中央線/都営三田線 水道橋駅、都営新宿線/都営三田線/東京メトロ半蔵門線 神保町駅、東京メトロ丸ノ内線/南北線 後楽園駅)
参加費:無料 申し込み:不要
問合せ先:yasukoiアットkanda.kuis.ac.jp*アットを@に置き換えてお送り下さい。

全国英語教育学会 第45回弘前研究大会

期日:2019年8月17日(土)・18日(日)
場所:弘前大学 文京町キャンパス 詳細はこちら

発表応募:4月26日(金)受付開始予定、5月24日(金)応募締切(*延長されました)
参加申込:5月中旬受付開始予定、7月5日(金)申込締切

詳細は大会ウェブサイトをご覧下さい。

研究推進委員会 第16回読書会(2018年度)

日時:2018年12月2日(日)10:00~12:00
場所:筑波大学附属高等学校(最寄駅:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅、東京メトロ有楽町線 護国寺駅)
課題図書:『はじめてでもすぐ実践できる!中学・高校英語スピーキング指導』上山 晋平著、学陽書房

課題図書を事前に読んでいない方にも参加していただけます。当日は、コーディネーターが課題図書に書かれているポイントを説明した後、本で紹介されている実践例などを参加者の皆さんと実際に試してみたりしながら、中高の学校教育現場で行われるスピーキング指導について一緒に考えていきます。どなたでもご参加いただけますので、皆様お誘いあわせの上、どうぞお気軽にご参加ください。

参加費:無料 申し込み:不要
問合せ先: yasukoiアットkanda.kuis.ac.jp*アットを@に置き換えてお送り下さい。

関東甲信越英語教育学会 春季研修会(2019年度)*中止

PDF版のご案内
今回から、昼休みにポスターセッション(卒論・修論等報告会)を実施します。応募のご案内
研修会へのご参加・ポスター発表応募のお申込みは、SUB MENU 内の春季研修会のページから行って頂けます(参加申込締切:2020年3月10日(火)・ポスター発表応募締切:2020年2月29日(土))。事前申し込みをされない場合でも、当日のご参加は可能です。

■日時: 2020年3月20日(金・祝)9:50~16:50(受付 9:30~9:50)
■場所: 明海大学(千葉県浦安市明海1丁目)2102講義室(講義棟1階) JR京葉線・新浦安駅下車 徒歩約10分
■主催: 関東甲信越英語教育学会
■テーマ:「新学習指導要領の具現化に向けて」

■開会式 会長挨拶 9:50~10:00
■発表者・講演講師
1. 授業実践報告(小学校)発表者:折原俊一 先生(千葉県佐倉市立王子台小学校 教諭)10:00~11:00(60分)
「互いの考えや気持ち,情報を進んで伝え合う外国語の授業を目指して」
この数年間,様々な状況が変わる中,小学校現場では「英語が好きな子ども」「進んで英語で伝え合う子ども」を目指して,試行錯誤しながら外国語の授業を行ってきました。そして,いよいよ新指導要領が全面実施されます。今回は,子どもたちが楽しく学び・伝え合える授業を念頭に,「段階を踏んだ英語の理解と慣れ親しみ」や「目的をもって話す活動」を心がけて実践した,過去2校での取り組みについて報告させていただきます。

2. 授業実践報告(中学校)発表者:田中敦英 先生(桐朋中学校・桐朋高等学校 教諭)11:10~12:10(60分)
「挑む・描く・磨く--『動詞を生きる』教育の営みと英語授業」
新学習指導要領で強調されている「学びに向かう力」「思考力、判断力、表現力」そして「主体的・対話的で深い学び」は、どのように実現されうるのでしょうか。この報告では、世代として・個人として様々な課題を抱えた生徒たちの学びをナビゲートするため、悪戦苦闘しながら必死で取り組んだ教師たちの中学の3年間(+高校の3年間)を、「学年の挑戦」と「(英語の)授業での取り組み」という2方向から描き、気づけば生徒と教師が共に育てていた「しなやかな力」についてお話ししたいと思います。

*昼食・ポスターセッション(卒論・修論等報告会) 12:10~14:00

3. 授業実践報告(高等学校)発表者:今井理恵 先生(新潟医療福祉大学 助教) 14:00~15:00(60分)
「ジャンル準拠リーディング指導による授業改善-新学習指導要領を具現化する」
生徒がジャンルの知識を活用して適切に読む方法を明示的に指導し評価するジャンル準拠リーディング指導を提案する。学習指導要領の「英語コミュⅠ」の「読むこと」の目標イの解説に「(前略)何のために読むのかという目的を生徒があらかじめ理解し,それに応じた読み方(中略)を選択する必要があること,(中略)生徒が読む目的や読み方を自ら判断していくよう指導すること(後略)」とある。本指導はこうした指導を可能にする。

講演 講師:齋藤嘉則 先生(東京学芸大学教職大学院 教授) 15:10~16:40(90分)
「「見方・考え方」から読み解く改訂学習指導要領―外国語(英語)科の授業改善とカリキュラム編成の視点―」
新学習指導要領は教科の目標の示し方が従来のものとは、その姿を大きく変えた。今回、文部科学大臣が、「教育課程の基準の在り方について」、中央教育審議会へ諮問するまでの2年間、学識経験者を集め、「育成すべき資質・能力を踏まえた教育目標・内容と評価の在り方に関する検討会」を13回にわたり開催している。そこでは、「学力」のとらえ方が学術的に整理された。記録や資料から改訂された外国語科の指導要領を読み解きたい。

■閉会式 16:40~16:50

■懇親会 17:00~19:00(明海大学内レストランにて(会費3,500円))

■参加費:会員―無料  非会員―2,000円  学部生・大学院生(非会員)―無料
■問合せ先:kate.shunkikenアットgmail.com(関東甲信越英語教育学会 研修企画委員 荒川洋一(埼玉県立伊奈学園総合高等学校)) *アットを@に置き換えてお送り下さい。

・会場への自家用車でのご来場はご遠慮下さい。
・時程・内容等は,事情により一部変更になることがありますので,予めご了承下さい。

↑ PAGE TOP